スパイダービジネス<渡辺広也>のレビュー 評価|情報商材アフィリエイトのセカンドオピニオン - 情報商材アフィリエイトのセカンドオピニオン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定員オーバーのため新規募集を停止しました。

無料メルマガ

スパイダービジネス<渡辺広也>のレビュー 評価|情報商材アフィリエイトのセカンドオピニオン

spider_m.jpg 

スパイダーツールというプログラムを使って、違う国のアマゾン相互でせどりをするノウハウです。



販売者の渡辺広也氏は、“渡辺式メソッド継承”や、“安定的生活指南書”で有名な方。



知らない人に、これらを一言でを説明するなら、「アフィリでマルチ」ですか。



その渡辺氏がついこの間、“ネット革命CLUB”っていう同様の手口で、この「スパイダービジネス」のローンチを仕掛けていらっしゃいましたが、さすがというか、すぐに他の方々が批評を書いてくださっていたので、私はいいや、と思っていたんです。



ところが、今度は手間のかかるローンチではなく、普通にメルマガアフィリが届いたので、思い直して私も評価を書いておくことにしました。



というのも、スパイダービジネスは、この前のローンチの時に30個限定で販売されてたはずなんですよ。



ええ、もちろん、まだ売れ残ってたということならしょうがないです。多くの人がネット上で渡辺広也さんについて、そういう評価をしていますから、ありえないこともない。



ですが、もし、数量限定がウソだったならヒドイでしょ?
そういうことで、私も書かせていただくことにした、というわけです。


意味不明な広告文



さて、このスパイダービジネスのランディングページ、元IT企業社員の上田正樹さんという人物が登場しますね。お気づきのように、最近流行りの“ニセ塾長モノ”にそっくりのパターンです・・・だいぶ安上がりだけど。(^^;)



本物の上田正樹さんの“悲しい色やね”は、我々世代には思い出深い歌なんですからネ。冗談でもこんなところに名前を使わないでほしいよ、ホント。



そもそも、なんでこんなストーリーに仕立てなきゃいけないのか、意味がわからない。渡辺広也という名前をできるだけ隠したいのですねと、思われても仕方がないです。



まあ、ここまでなら、渡辺氏流のコピーライティングだと言えばそれまでのこと。ならば、次に特定商取引表記となっているページを見てください。

soider_hyouki_m.jpg


著者 渡辺広也」と書いてあります。ん、著者? ナンデ、チョシャナノデスカ?



えっと・・・、特定商取引法は、広告に「販売業者又は役務提供事業者」の氏名又は名称、住所及び電話番号書かなくてはいけないと定めているのです。



販売業者と、著者の違いは、わかりますよね、ワタナベさん?・・・わざとでしょ?(;´∀`)




なぜ、渡辺広也氏は、わざと特定商取引法の規定からズラして「著者」なんて書き方をするのでしょうね。



ついでに言いますと、電話番号がどこにも書いてありません。



あと、この住所、グーグルマップで見ると駐車場なんですが・・・これ以上詳しく調査するつもりはないので、違ってたら訂正しますから、ご指摘ください。


spider01.jpg
 

つまり、スパイダービジネスの販売者であるはずの渡辺広也氏は、特定商取引法の規定に反して、広告文中に「販売者の氏名」、「住所」、「電話番号」を正確にはっきりと表示していないし、求めに応じてすぐに提供する旨の表示もしていません。



なにか問題があっても、一切責任を取るつもりはありませんね。



ネット上には、これを証拠づける報告も、数多く上がっています。



このような人から、何万円もする道具を、一度も試すことなく買うなんて無茶は、しないでください。


まだまだある、騙しワード



さらに、広告の気になる点を見ていきましょう。

このスパイダービジネスの要、スパイダーツールを使うと、こういうリストがドンドン取得できるとのこと。

spider06.jpg 



うーん。海外アマゾンとの価格差を表示するだけなら、無料で使えるサービスもありますよ



そもそも、この画像が、日本のアマゾンに本人が出品したものかどうか不明だし、逆に、この広告のために、高額な価格設定で出品しただけなのかもしれない。



いずれにせよ、これでは、このツールで稼げるという証拠には全然なってないです。



一般に、無名ツールを販売するならですよ、本当にその性能に自信があれば、無料お試し期間を設けたり、手厚い返金保証をつけたりして、信用を積み重ねればいい。



そういうことをする気がないのは、広告でなんと言おうが、本当は役に立たないんだね、と思って間違いないです。



いくらアマゾンを使うって言っても、価格差のある商品を見つけるだけで、稼げるわけではないでしょう?アマゾンなら必ず売れるような表現をしていますが、アマゾンだって、売れないものは売れないですからね。あたりまえだけど。



海外輸出入だと、商品代金以外に関税などの経費もかかるし、輸送中に商品が壊れるリスクもありますし、そういうこと、購入前の消費者に対してちゃんと伝えないとね、良心的な販売者なら。



ストーリーに出てくる上田正樹氏の祖父母は、「何で稼げるのか、わかってないけど稼いでる。」のだそう。

頑張ってる人をバカにしてるよ。ほんと。(`o´)



本当に、そんなすごいツールとノウハウなら、堂々と保証を付ければいいじゃない広告には、保証、保証となんども出てきますけど、実質、何の保証もしていませんよ。



カンジンのコレ。商品を2ランクに分けて、

GOLD 29,800円(15~30万円商品利益保証)
PLUTINUM 49,800円(50万円以上商品利益保証)

GOLDはリストアップ件数に制限をかけているそうです。



「著者」に続いて、また不可解な言葉が出てきましたよ。



50万円以上商品利益保証「商品利益」ってナニ?

普通の消費者が、普通に読めば、「50万円以上の利益を保証してくれるんだ。スゴイ!」ってなりますよ

でも、このあと出てくるQ&Aには、こう書いてあります。
 

Q. 返金保証は付いているのでしょうか?
はい、返金保証もお付けいたします。
スパイダーツールゴールドの場合1ヶ月300商品の利益額(1商品最低1,000円以上)が確定するデータが取得できなかった場合
スパイダーツールプラチナの場合1ヶ月最低1,000商品以上の利益額(1商品1,000円以上)が確定するデータが取得できなかった場合



えーと、ニュアンスが、さっきの「15~30万円商品利益保証」と違ってきてるんだけど。



とにかく、「300商品の利益額が確定するデータが取得できなかった場合」って

 (差額により1000円以上の)利益が出る(はずの)商品リストのデータを、1か月に300件以上取得できなかった場合、ということかな。



そうすると、さっきの「商品利益」という言葉は、利益が出る(はずの)商品のリストデータのことを意味してると考えないと整合性がとれない。



そりゃ、そのリストアップ機能がウリのソフトなんですから、それができないケースっていうのは、そのソフトは不良品だということです



不良品なら、お金を返すのは、あたりまえでしょうが!


このスパイダーツールさえ手にすれば誰でも稼ぐ事が出来てしまうということです。
スパイダーツールさえあれば稼げないということは理論上100%ございません。
プラチナバージョンを選択した方は即、私と同じ収入を稼ぐ起業家になれることをこの場を借りて保証させていただきます。
と言いながら、「特定商取引法に基づく表示」では、
本商品に示された表現や再現性には個人差がありますので、利益保証するものではございません。
返金保証については、3か月間マニュアル通りに忠実に確実に実践した方のみ
なんて条件がそっと忍ばせてある。



いいですか。カンチガイ(?)している販売事業者が多いようなので言っておきます。


ネット通販でよく見られる「特定商取引法に基づく表示」は、同法第11条に規定する、広告に表記しなければいけない事項を、消費者にわかりやすく一表にして示したもので、あくまで、その広告の本文と合わせて、一つの広告なんです


つまり、広告本文で

「このスパイダーツールさえ手にすれば誰でも稼ぐ事が出来てしまうということです。」とか、

「スパイダーツールさえあれば稼げないということは理論上100%ございません」と、言い切っておいて、

「特定商取引法に基づく表示」と題するページにだけ、「本商品に示された表現や再現性には個人差がありますので、利益保証するものではございません。」などと言い訳を書いても、それで広告本文の誇大表現が許されるなどという免罪符のようなページとかでは、決してありませんからね。



知ってか知らずか、ウソや誇大な表現で消費者を騙そうとする広告には、大抵、本文と特定商取引に基づく表示のページとで、大きな矛盾・乖離がありますから、一つの試金石になります。




なお、特定商取引法については、こちらに少し詳しく書いておきましたので、よろしかったらご覧ください。→特定商取引法の基礎知識



スパイダービジネス<渡辺広也>のセカンドオピニオン



くれぐれも、渡辺広也氏の、責任逃れの表現と隠れた悪意に気を付けましょう。



定員オーバーのため新規募集を停止しました。

無料メルマガ

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017-06-25 23:43 | from -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。