バイナリーオプションの無料オファーを詐欺と決めつけるワケ - 情報商材アフィリエイトのセカンドオピニオン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定員オーバーのため新規募集を停止しました。

無料メルマガ

バイナリーオプションの無料オファーを詐欺と決めつけるワケ

バイナリーオプション詐欺04 

情報商材の中でも、「初月から稼げる」投資系の案件は、やはり人気があります。

株、FX、バイナリーオプション、最近では暗号通貨なんかも出てきましたね。


なかでも、バイナリーオプションの無料オファーは、数も多いうえに怪しさが際立っています

そこで今回は、はたしてバイナリーオプションの無料オファーは詐欺なのか、じっくりお話をしたいと思います。

チョット長めですが、バイナリーオプションに興味を持ってる人に、絶対役に立つ記事なので、どうぞ最後までお読みください。

バイナリーオプションとは


バイナリーオプションは、通貨為替や、株価指数、先物取引などの相場変動を予想する、金融派生商品(デリバティブ)です。

なんのことだかわからないので、具体例を一つ。

いまから2時間後の為替相場で、1ドル=100円より円高か円安かを予想して、どちらかに1000円を賭けてください。

もし、予想が当たれば1000円が2000円になり(手数料が引かれます)、外れたら1000円は没収されます。

単純に言うとこういうことです。

実際は時間内の転売が可能だったりして裁量要素がもう少し複雑ですが、そう、イメージはまさに「丁半博打」

バイナリーオプション詐欺01 

相手がサイコロなら勝敗の確率は1/2ですが、相場ならトレンドを読んで確率を上げることができる(=儲かる)と誰もが考えます。

で、「そこんとこ、私が教えますよ。」という人がゾロゾロと現れるわけです。

バイナリーオプションの種類


バイナリーオプションで扱う相場には、通貨為替の各種通貨組み合わせ、株価指数、先物取引などがありますが、株価指数や先物取引を扱っている業者は限られているので、一般にバイナリーオプションと言えば、通貨為替と思ってもらえばいいです。

また、先ほどの例のように、設定価格より上か下かを予測するものを「ラダーオプション」と呼び、もっともポピュラーですが、業者によっては、一定値幅内を維持するか(「レンジオプション」)、一度でも基準値に達するか(「ワンタッチオプション」)、といった取引も扱っています。

バイナリーオプションのリスク


このように、バイナリーオプションはその仕組みが簡単だし、勝敗の確率が1/2なら負けても大したことがないと思って、気軽に始める人が多いのですが、そこに大きなリスクがあります。

確かに、FXのようなレバレッジ制ではないので、一回の取引で何百万も負けることはありませんが、数分おきに何度も取引を繰り返して、気が付いたら一日で何十万円も負けていたなんてことは、あり得る話なんです。

取引関係に潜むリスク


まず、知っておいて欲しいのは、バイナリーオプションは、取引業者が「胴元」だということ。

株やFXは、市場に参加している不特定の人どうしが、「儲かった」、「損した」の関係になります。

証券会社などの業者は、主に手数料が収益になりますから、取扱高を増やすためにも、顧客にはなるべく儲かってもらいたい、というインセンティブが働きます。

一方、バイナリーオプションでは、損をする顧客が多いほうが、業者は儲かることになります。

これが、どういうことを意味するか、賢明なあなたはもう、おわかりですね?

一つ言えることは、素人で初心者の顧客は、業者にとって、ありがたい、ということです。

ギャンブル性に潜むリスク


株やFXは、投資額×値動き幅に応じた利益しか稼げませんが、バイナリーオプションは、値動きの幅に関係なく、2倍なら2倍と決まっているので、小さな金額の投資でも満足のいく額を稼げる可能性があります。

たとえば、バイナリーオプションの場合、10,000円の投資でも、数分~数時間後には、1/2の確率で10,000円を稼ぐことが可能ですが、株やFXでは、この短時間で同等の金額を稼ぐには、何十倍もの資金かレバレッジが必要になります。

この手軽さと勝ったときの利幅の大きさが魅力なんですが、一日に何度も取引を繰り返しては、気が付いたら大金を失ってしまった人も多いんです。

まさに、ギャンブル中毒と同じ。

そこで、2013年、金融庁は、2分とか10分のような短い決済時間を禁止して2時間以上にすることや、新規参入者にバイナリーオプションの知識を問うことなどの規制を設けました。

けれども、この規制の対象は、法令が及ぶ日本の事業者だけ

法令の及ばない海外業者は、

  • 数分以内の短期取引が可能

  • 取引回数が無制限

  • ペイアウト率が固定

  • 知識確認テスト不要

  • 口座開設が即時可能


など、簡易性・ギャンブル性を保持しており、法令の規制が、かえって海外事業者が顧客を獲得するチャンスを与えることになってしまったのです。

バイナリーオプションは稼げるのか


ともかく、バイナリーオプションは稼げるのか、ここが一番、気になるところでしょう。

もちろん、バイナリーオプションで稼げている人がいることは、否定しません。

パチンコにパチプロがいるぐらいですから、投資でも、ギャンブルでも、その道を極めれば勝つことは可能でしょう。

けれども、そのスキルは一朝一夕に身に付くものではないです。

自分は運がいい方だから、1/2の確率なら勝てるんじゃないか?

そう思うなら、こちらの資料を見てください。

日本の取引業者は、バイナリーオプション取引の月次実績を公表しなければいけないことになっています。

これは、IG証券株式会社さんのホームページに公表されている「バイナリーオプション取引の月次実績(2016年12月度)」の抜粋です。

バイナリーオプション詐欺06

引用:https://www.ig.com/jp/bo-monthly_trading_performance

ちなみに、IG証券株式会社さんは、おススメのバイナリーオプション取引業者として上位に紹介されている、かなり信用度の高い会社です。

この表中、「ラダー」の「取引を行った口座数に対する損失が生じた口座数の割合」を見ると、70.4%となっていますね。
つまり、この月は、取引をした人のうち7割強の人が負けているのです。

バイナリーオプション詐欺02 

同様に、IG証券株式会社さんのホームページから、11月度、10月度の資料をみると、同項目は、11月度76.4%、10月度70.0%と、平均して7割以上の人が負けている事実を示しています。

バイナリーオプションで勝てているのは、一部の人だけというのが、おわかりでしょう。

バイナリーオプションで稼ぐ方法を教えている人たち


ここまでの話で、バイナリーオプションは、手軽さの反面、簡単に稼げるものではないということは理解していただけましたか?

むしろ、そう聞いたあなたは、勝率70%以上と謳っている、無料オファーに登場する講師や、自動売買ツールは、すごいんじゃないかと思ってしまうかもしれません。

百歩譲って、無料オファーの登場人物(仮にAさんとします。)が、本当にバイナリーオプションで稼ぐノウハウを持っていたとします。

でも、Aさんが塾を開くなどしてノウハウを教えたければ、金融商品取引業者の投資助言・代理業として登録していなければいけません。

登録には、とくに資格などは必要ありませんが、500万円の営業保証金が必要で、審査に数か月の時間がかかるなど、いくつかのハードルがあります。

さて、Aさんのように、ネット上で「私が稼がせます」と豪語しているにわか講師たちのうち、投資助言・代理業の登録をしている人が何人いるでしょう。

バイナリーオプションの無料オファーでは、「あらたなビジネス」とか、「投資ではない」なんて言って、「バイナリーオプション」という正体をなかなか現わさないものが多いですよね。

これって、「無登録でバイナリーオプション取引を助言している」ことが当局にバレるのを避けるためじゃないのって思いませんか?

ちなみに、無登録で投資助言・代理業を行った場合、「3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」と規定されています。

気になる講師や会社があったら、こちらで調べてみましょう。

金融庁免許・許可・登録等を受けている業者一覧
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html


バイナリーオプションでツールを使うのは危険


ノウハウの塾ではなくて、自動売買ツールやエントリーサインを出してくれるソフトなら合法でしょうか?

ツールは、売りっぱなしならソフト販売になるので、違法ではありません。ただし、使用料月額制とかだと、やはり投資助言・代理業とみなされます。

実は、違法業者のことなんかより、使用者のあなたに危険が及ぶことがあるので注意が必要です。

というのも、バイナリーオプションの取引業者の中には、自動売買ツールの使用を禁止しているところが多くあって、規約に反すると、せっかく稼いでも出金してもらえなくなる可能性があります。

とくに海外業者の中には、自動売買ツールを使っていなくても、そういう言いがかりをつけて出金しない悪質な業者もいて、国民生活センターに苦情が寄せられています。

国民生活センター 
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140904_1.html

「この野郎、イカサマしやがったに違えねえ!」ってこと。まさに、時代劇に出てくる賭場のようです。

取引業者を選ぶときは、規約もよく確認して選びましょうね。

少なくとも、高額塾に入会して言われるまま海外業者の口座を開くなんてことは、やってはいけません。

バイナリーオプション詐欺03 

取引額に応じて、高額なアフィリエイト報酬を支払う海外業者もいます。

もし、そんな海外事業者と結託した高額塾なんかに入ったら、破産するまで投資させられてしまいますよ!


バイナリーオプションの無料オファーを詐欺と決めつけるワケまとめ


バイナリーオプションは、やり方は簡単だけど、稼ぐのが簡単というわけじゃないということがわかってもらえたでしょうか。

そのうえ、投資助言・代理業の登録もしていないで高額塾に勧誘するような人間の言うことなんか信じていては、稼げるものも稼げません。

無料オファーだけでなく、専門ブログや2ちゃんねるも、ステマサクラ誹謗中傷が溢れていて、どれが信頼できる情報なのか、初心者には見分けがつきませんから、特定の情報を安易に信じては危険です。

それでも、あなたがバイナリーオプションに魅力を感じて、取引を始めたいと思うなら、入門本を何冊か読み、信用のおける国内業者のデモ口座を開いて、30日間は取引を続けてみることをお勧めします。

バイナリーオプション詐欺05 

口座を開設する相手は、国内の大手業者なら信用できます。

  • GMOクリック証券 新・外為オプション

  • Yahoo! JAPANグループのYJFX! オプトレ!

  • IG証券 2時間バイナリー


などが、使いやすいそうです。

*アフィリエイトリンクは貼っていませんので、各社の申込ページへはグーグル検索からお願いします。


どうですか?

結局のところ、バイナリーオプションでも、努力と時間を惜しんでは稼げないのです。

そして、これは株でもFXでも言えることですが、生活費を投資につぎ込んだり、借金までして賭けるようなことは、絶対にしないでください。

最悪の場合を想定して行うのが「投資」勝ったときのことしか考えないのは、「ギャンブル」です。

とくに、月収の不足分をバイナリーオプションでナントカしたいと考えているなら、非常に危険です。

7割の確率で、さらにお金が足りなくなりますよ!


それよりは、アフィリエイトで稼ぐほうがいいです。

アフィリエイトは、ほとんどお金を使わないで始められるビジネスですし、

お金を失うリスクがないのだから、プラスしかありません。

もちろん、高いお金を払って塾に入らなければ始められないものでもありません。

私のメルマガでは、アフィリエイトをするために必要な知識をすべて公開していますし。

なお、メールサポートも付けているので、カバーできない人数になれば登録停止にすることもありますので、興味があれば、今のうちに登録しておいてくださいね。

↓ ↓ ↓



定員オーバーのため新規募集を停止しました。

無料メルマガ

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。